男性が婚活するならペアーズとwithどっちがいい?

今やマッチングアプリで最も有名となっているpairs。
そのマッチングアプリの一角として人気の高いwith。
どちらのアプリも、それぞれの特徴やユーザー層、利用目的が異なる所がございます。

では、男性が婚活するのであればpairsとwith、一体どちらが良いのか?
そのことについて、解説を交えてお伝えしていきます。

・婚活したい女性を選べる範囲で言えばpairsの方が良い
・年齢の焦点を絞った狙いやすさで言えば、withの方が出会いやすくなる
・地方在住者の場合はpairsの方が良い
・多少の遠距離でも良い場合、withの方が非常に狙い目(都心部のみ)

婚活したい女性を選べる範囲で言えばpairsの方が良い

数あるマッチングアプリの中でも、年齢幅が最も広く、ユーザー数が多いのがpairsです。
それゆえに、婚活もきちんと対応してくれます。

では、withは婚活向けでは無いのかと言うと、そんな事はございません。
将来を見据えた旦那さんと結婚したいと思っている女性は数多く存在します。
しかし、pairsに比べると20代の若年層が多いのも事実で、さらには20代前半~中盤が多いのも事実。
彼女たちからすると、「確かに結婚はしたいが、結婚願望はそこまで無い」と言った感じのユーザーが多いのです。

その為、どうしても「婚活したい女性を選べる」という部分で焦点を当てると、pairsの方が婚活を意識している女性が多くなってしまうのです。
実際結婚願望が強いユーザーが多いのは、withよりもpairsの方が男女共に圧倒的だからです。

焦点を絞った狙いやすさで言えば、withの方が出会いやすくなる

実はwithの場合、30代の女性は需要がかなり減ります。
これはどのマッチングアプリでも共通していますが、withの場合は顕著です。

しかし、昨今のpairsの場合は、30代でも需要が高いので、ライバルが多いのです。
元々pairsは男性利用者と女性利用者の比率が離れており、競争倍率がかなり高いのも事実。
これは、女性ユーザーがpairsから他のマッチングアプリに離れていってしまっているのも一つ理由があります。
その為、30代女性でも十分に需要があるのがpairsの特徴です(ただし、好みの男性に出会えるとは限りませんが)。

また、pairs全体の年齢層が過去2~3年に渡り、上昇しているのも一つあります。
今までpairsは20代後半向けでしたが、今では30代~40代の方も多くやり取りするようになり、結婚願望が強い年代でも、メインユーザーとして位置付けされるようになったのです。
そうなると、せっかく婚活を意識していても、婚活ユーザーの競争倍率が高い分だけ出会えない可能性が高まります。

その為か、「30代」という年齢の焦点を絞り込めば、withの方が出会いやすくなります。

「いやいや、30代と言っても、結婚願望あるかどうか分からないじゃないか」と、言われそうですが、この年齢になってくるとキャリアウーマンタイプや特殊な女性以外は結婚願望は高いですし、詳細プロフィールの「結婚に対する意思」の項目は、「2~3年のうちに」が圧倒的に占めています。
彼女たちとしては「いい人がいればすぐにでも結婚したい」と思っていますが、いきなりがっついたプロフィールに設定すると引かれる可能性があるので、あえてこのような設定にしている人が多いのです。

実際この辺りの女性とお付き合いすると、将来の事について話をすることが多々出てきます。
いきなり結婚ができる訳ではありませんが、将来的(1年~2年位)には結婚したいと思っている女性は多いです。
人によっては、付き合ってもいないのに、将来の話をしてくる女性もいらっしゃいます。

地方在住者の場合はpairsの方が良い

これはwithとpairsの違いですが、ユーザー数が多い分だけpairsの方が地方利用者にも強いです。
しかし、withの場合は、地方在住者になるとユーザー数が圧倒的に下がります。
つまり選べる女性の人数がかなり狭まるのです。

実際地方在住者のwithユーザーはかなり悲惨な人もいます。
女性ユーザーがいないからと言って、わざわざ県をまたいでその女性のところまで会いに行き、帰れないからどこかのビジネスホテルに泊まるという出会い方をする男性もいらっしゃいます。

1回出会うまでに時間とお金と労力を使うので、婚活以前に恋活すらスムーズにいかないのです。
つまり、地方在住者の場合、withで婚活したいのであれば県をまたぐ前提で出会わなければなりません。

多少の遠距離でも良い場合、withの方が非常に狙い目(都心部のみ)

Withは地方在住者のユーザーが男性だけでなく女性も少ないです。
その為、最初から遠距離でも問題無いのでしたら、都内に比べて競争倍率がかなり低いので狙い目です。
また、婚活希望者であれば、数回足跡付けるだけで相手からいいねしてくる程に飢えています。
例えば、東京都在住なのに石川県の女性からいいねされることもあるのです。
つまり、超高確率で出会えるチャンスとも言えます。

ユーザー数がいないことを逆手に取った戦法ですが、デメリットも存在します。
先程にも記載致しましたが、時間とお金と労力がかかる点です。
また、万が一違った場合、その分のダメージはでかいです。

ですが、「多少の」遠距離はいかがでしょうか?
例えば、東京都に住んでいるのでしたら、群馬・茨城・栃木の北関東辺りでも都内に比べて出会いに飢えている女性ユーザーはかなりいます。
また、山梨、長野、静岡辺りも出会いに飢えている女性ユーザーは多いですが、どうでしょうか?
東京都でなくても、大阪在住でしたら、福井、三重、和歌山、滋賀辺りはいかがでしょうか?

片道距離2時間かかるが、いけなくはないと思うのなら出会えるチャンスは大幅に上がります。

結局pairsとwith、どっちがいいの?

Pairs:婚活相手を幅広く選びたい方、地方在住者の方
With:婚活相手を幅広く選ばなくても年代を絞って出会える確率を上げたい方、多少の遠距離でも問題無い方

といった形になります。
つまり、選べる女性の幅を取るのならpairs、出会える確率を取るのならwith、といった具合になります。
自身のニーズに合わせて、こちらの記事を参考に、どちらが良いかを判断できれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です