40代男性がpairsで婚活は難しい?

今や恋活から婚活まで幅広い対応を見せるマッチングアプリpairs。
利用者数も国内最大級で、幅広い年齢層が多く、多くの年代から指示されているマッチングアプリとなっています。
では、そんなpairsですが、40代男性でも婚活は可能なのでしょうか?
本来この年齢になると、「ユーブライド」といった婚活専門アプリの方にシフトする方向が高いのですが、pairsでは難しいのでしょうか?
40代男性におけるpairsの婚活について、現状の特徴を含めながら攻略法も交えて解説致します。

特徴

・40代以上のpairs利用者は4人に1人なので、決して不向きではない
・pairs40代ユーザーになると、既婚者男性もライバルで出現してくる

攻略

・焦らない
・身の程をわきまえる
・ウソでも「独身(離婚)」を付ける
・コミュニティーで探す

40代以上のpairs利用者は4人に1人なので、決して不向きではない

現在男性のpairs利用者数は約200万人ですが、その中で40代以上の利用者は約50万人います。
つまり、4人に1人は40代以上なのです。
また、40代だけでフォーカスを当てれば約30万人います。
これは、他のマッチングアプリ男性利用者数全年齢を含めた人数に匹敵します。
場合によってはそれ以上の可能性も出てきます。

この中にはもちろん結婚に必死になっていない人もいらっしゃるかとは思いますが、まず一番に伝えたいことは、「40代でもpairs利用者はこれだけいるから安心して下さい」ということです。
また、ウラを返せばこれだけ40代に需要があるということなのです。
40代がpairsに婚活に不向きと言う訳ではありませんので、安心して利用して頂けたらと思います。

pairs40代ユーザーになると、既婚者男性もライバルで出現してくる

実はpairsに登録している人たちの、40代男性でモテている人の大半は「遊び」目的で考えている人たちで、奥さんには内緒で浮気している人が多いです。
つまり、既婚者なのにpairsをやっている40代男性がいらっしゃるのです。

既婚者男性とリアル独身男性になると、既婚者男性から来る余裕、焦りの無さ、「あなたが一番ではない」という姿勢は、残念ながら女性からすれば魅力的です。

恐らく「ルール違反」と言いたいのかと思いますが、残念ながら現実はこのような形なのです。
そもそもpairsが他のユーザーに見つからないようにする「プライベートモード」機能を付けてからは「そういう人たち(既婚者)もいいですよ」と言っているようなものなのです。

彼らを跳ね除けて女性と出会わなければならないので、「年齢」というハードルもさることながら「既婚者」というライバルとも戦わなければなりません。
その為、pairsで40代男性が婚活というのは、不向きではないものの難易度が高いのも事実です。

焦らない

ガツガツ求婚していったら、女性側としてはその温度差に冷めてしまうかと思います。
まずは焦らないことが大事で、「延長線上で結婚できたらいいな~」程度に気軽に考えることです。
A=Bのような方程式が無いのが婚活です。
まずは焦らずに行うようにしましょう。
また、焦っていたら、焦っている自分を自覚してリラックスするようにしましょう。

身の程をわきまえる

超現実的な事をお伝えしますが、年齢的に20代の女性は捕まりません。
結構多いのが、40代なのに20代の女性に熱心にメッセージ付いいねを送っている男性方。
まずは自身の年齢をわきまえてから出会うようにしましょう。
真面目に婚活を考えているのであれば、自身の年齢に近い人で、どんなに若くてもせめて30代以降の女性を狙うようにしましょう。
正直30代でも需要が高いのがpairsなので、もっとターゲット層を上げられれば可能性は高まります。

なお、ごく稀に20代の女性を捕まえている男性もいらっしゃいますが、余程のルックス、収入の持ち主か、「遊び」で付き合っている男性です。

ウソでも「独身(離婚)」を付ける

「仕事が忙しくて…」という結婚できない理由をわざわざアピールしても、女性からしたら「それがどうした」と思われてしまいます。
それが通用するのはせいぜい30代前半~中盤までで、40過ぎたら通用しません。

例えば、バツが付いているのであれば納得がいきます。
しかし、この年齢でバツが付いていないと、「40過ぎまで今まで何をしてきたんだろう?」と女性から警戒されるようになります(清潔感と収入があれば別)。

Pairsでの40代婚活になると、わざわざ言わなくても「独身なのは仕方ない」と納得がいくような説明が必要になります。
とはいえ、実際バツも付いていない人が独身なのを自然とアピールできるかと言われると、正直難しいです。
その為、結婚歴のプロフィール欄にウソを付いてでも「独身(離婚)」を付けた方が評価は高いです。
ただし、ウソを付くということは、ウソを付いたことによる後々のリスクも発生するので、その覚悟があることを前提に行って下さい。
なお、それをうまく誤魔化せる程の力量があれば問題ありません。
なお、「独身(死別)」は、女性側からしたら後味が悪いので、ウソでも避けて下さい。

コミュニティーで探す

具体的には「10歳以上の男性でも構わない」「40代男性と付き合える年下女子」といったジャンルから探すのが近道です。
確かに20代女性でも上記2つのコミュニティーに入っている方はいますが、パパ活(経済的に援助してくれる男性)か、メシモク、カネモクといった、お金目的の可能性が高く、結婚からは縁遠いです。
その為、「身の程をわきまえる」でもお伝えしましたが、せめて30代以降の女性にするようにしましょう。
20代と絶対出会えないとなるとウソになりますが、限りなくゼロに近い上にリスクが高すぎるということだけはお伝えします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です